<< 祭のあと 北京五輪閉幕 | main | コリャなんだ(2) 大分県教員一家 >>

スポンサーサイト

  • 2009.01.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


コリャなんだ(1) 姫井由美子現象

 一連の動きをみて、「場違いだなぁ、この人はなぜここにいるのだろう?」との印象がますます強まりました。民主党は厄介払いができてやれやれだろうな、与党側は目先の利益に目がくらんで大失策だと思っていたら、いやはや、何とものドタバタ劇。永田町の論理は私らの想像の域をはるかに超えているようです。
 私は姫井議員を選出した岡山に住んでいますが、彼女についていくらかでも知っていて投票した人は極めて少数だと思います。彼女は県議会議員ではありましたが、特に実績をあげたわけでもなく、無名の新人といっていい存在でした。それが民主党公認をいう理由だけで、反自民の突風に乗って、あれよあれよの当選となったのでした。
 ですから、姫井問題についての第一の責任は民主党にあると私は考えます。そして彼女をめぐって民主党と綱引きを展開した、反民主党勢力・自民党の寝業師たちも「同じ世界の住人」ということですね。

 それにしても「情報公開」、ディスクロージャーというかけ声とブラックボックスという実態が裏と表に張り付いた怖い時代、他人の悪口をあげつらうことで自らの不安を紛らしているのが当世というものでしょうか。

スポンサーサイト

  • 2009.01.17 Saturday
  • -
  • 17:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM