<< 銀杏の季節がやって来た | main | 里の晩秋 >>

スポンサーサイト

  • 2009.01.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


丸裸にされたヒマワリ畑

 またまた、すさまじいお話です。今日の毎日新聞のネット版で読みました。

 高知県土佐市の農家が稲刈り後の3ヘクタールの田に種を蒔き、約80万本のヒマワリの花を咲かせました。満開の時期を見計らって先月28日に「花フェスタ」を開催、花は自由に持ち帰ってもいいことにしていたそうです。それでも、例年なら11月中旬まではこのヒマワリ畑を楽しむことができた。
 ところが、今年はフェスタ直後にテレビや地元紙が大きく取り上げたせいか、見物人ないしは花取り人が殺到、中には軽トラックに花を満載して帰る人も現れる始末で、3日間のうちにヒマワリ畑は丸裸。11月になってやって来た人は見るも無残な光景にガッカリ、地元農家の人たちも台風一過の感じでガックリ。

 何かヘンですね。ブレーキが利かないのは政治家やお役人、一部の「老舗」だけの話じゃないようです。

スポンサーサイト

  • 2009.01.17 Saturday
  • -
  • 21:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM