スポンサーサイト

  • 2009.01.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「吉田裕:アジア・太平洋戦争」はお薦めです。

 昨日の続きです。今日9日の朝日新聞、日曜定例の読書欄、ここに「話題の本棚」というコーナーがあって毎週4冊の新刊書を紹介していますが、今日は太平洋戦争関連の4冊で、吉田裕著「アジア・太平洋戦争」も取り上げられていました。「日本近現代史を専攻する著者が、日米交渉から無条件降伏までの総力戦のさまざまな実態を描く。戦後処理の前提となるべきはずの戦争責任の問題を強く意識した構成となっている」と要領よく紹介されています。これはその通りで、最近の諸研究にも目を配りながらコンパクトに全体像をまとめていて、この戦争の概説書としては最適の一冊だと思います。

 私はかねてから、「戦後民主主義」はアメリカから押し付けられたという側面よりも、日本社会の内部から発した側面のほうが比重が大きいという見解をとってきました。戦力確保のための生産者優遇政策が地主制の空洞化を招き、それが戦後の農地改革に直結したこと、婦人会活動や女子挺身隊への動員が女性の社会的進出の素地となったこと、戦時中から戦後へと続く中等学校への進学率の向上などです。

 筆者はこれらに加えて、戦時中の産業報国会組織が戦後の企業別労働組合の枠組みを準備したこと、遅配欠配が続く配給制度の下で「闇」に頼らなくては生存できなかった生活実態が、「戦後民主主義」の私生活優先意識の歴史的前提となったことなどを指摘しています。
 後者の論点に関していうなら、タテマエとしての「忠君愛国」・「臣道実践」の陰における、本音としての「私生活優先」・「家族本位」は、国民中で大きなウェイトを占める自作農・小作農の、戦中・戦後を通じて一貫した意識だったのではないかを私は考えています。戦中戦後の時期に限ったことではありませんが、人びとの意識として表面に現れてくるのは、どうしても知識人のそれ、都会人のそれが大多数となります。それが時流をつくり、それに乗った言論がますます盛んになり、それに同調しない声は抑圧されがちです。歴史を見る場合、このへんのことを割り引いて考えねばならないし、戦中・戦後史の研究には、もっともっと「農民の意識」を発掘することが必要だと思います。

今日は12月8日

 もちろん、66年前、日本が米英などとの戦争を始めた日です。その戦争は、当時は「大東亜戦争」と命名され、戦後は「太平洋戦争」と呼ばれるようになり、最近では「アジア・太平洋戦争」とも言われます。名前だけでなく戦争自体の意味についても日本国民の共通認識は成立していません。それなのに、今日の朝日新聞には「12月8日」のことは一言も書いてありません。私が見た範囲ではテレビも一言も触れません。数年前までは何か、話題にされていたように覚えているのですが…
 日本の歴史の最大の転換点の一つとなったあの戦争は、結局、日本国民としての清算を済まされないままに忘れ去られようとしているのでしょうか。
 私は今日、一冊の本を読みました。岩波新書の「シリーズ日本近現代史Αゝ氾塚誼 アジア・太平洋戦争」です。じつはこの本についての感想を簡単に書いてみたのですが、完成間際になって、何かのミスでパソコンから消えてしまいました。残念ながらこれからもう一度書き直す気力はないので、今日はこれで止めておきます。近いうちに改めて書きます。

皇国意識の格差

 先日、苅部直著「丸山眞男」(岩波新書)という本を読みましたが、その中で一番印象に残ったのは「母の死」の部分でした。

 戦争末期、年齢30歳で東京帝大法学部助教授だった丸山眞男は陸軍二等兵として招集されずいぶん殴られました。学生時代、マルクス主義の書物をたくさん読んではいたが決してマルクス主義者ではなかった丸山は、「唯物論研究会」主催の公開講演会にたまたま参加したために治安維持法違反容疑で特高警察に逮捕されました。今日の言葉でいえば「誤認逮捕」の類でしょうが、当時はそれではすみません。以後特高の監視下に置かれていたので、帝大助教授としては異例の「教育召集」も懲罰的意味合いのものだったろうというのが定説です。ともあれ、丸山二等兵は昭和20年8月には広島市宇品で軍務についていました。
 丸山眞男の父は大阪朝日新聞などで健筆を振るった著名なジャーナリストの丸山幹治、母のセイは右寄りの政論記者井上亀六の異父妹。東京四谷の眞男の生家には長谷川如是閑や柳瀬正夢も出入りしていたという「リベラル」を絵に描いたような知的エリートの一家でした。母セイは夫幹治よりも如是閑を深く尊敬していたといいます。
 昭和20年8月、既に病篤く死の床にあった丸山セイは広島への原爆投下を知り、眞男のことを心配しながら奇しくも8月15日午前に息を引き取りました。9月になって復員した眞男は、母が死の直前に詠んだ八首の和歌を見ました。その中に、次の一首がありました。
 召されゆきし吾子(あこ)をしのびて思い出に泣くはうとまし不忠の母ぞ

 私の家はこうではありませんでした。小地主ではあったとしても、普通の農村の家でした。両親はともに師範学校卒の教師で父は入り婿、実質的家長は気性の激しい祖母でした。彼女にとっては家が第一、これははっきりしていました。天皇と家と、どちらを選ぶかについては迷いは全くなかったはずです。10歳そこそこの私は国民学校の教育のせいで天皇優先の考え方でしたが、現実問題として、家と天皇とどちらを選ぶかの決断を迫られる年齢には達していませんでした。

 今にして思えば、丸山家と私の家とでは社会的影響力では比較になりませんが、数の上でいえば私の家のほうが圧倒的に多数派だったはずです。

傍若無人が流行るわけ

 「傍若無人(傍らに人無きがごとし)」は自分勝手な振る舞いを非難する語であったと思うのですが、今や死語ですね。いつの間にやら、これが普通の行動様式になってしまいましたから。
 いま読んでいる本にちょっと面白いことが書いてありました。「アメリカではファストフード店の客は店員に対して、彼らなど眼中にないというようなぶしつけな態度を取る(イギリスのパブやフランスのカフェで同じ態度を取れば侮辱になり、とうてい受け入れられない)」というのです。
 「ああ、そうか。日本はアメリカ型になってきたのだな」と合点しました。

 この本は、「リチャード・セネット著、斎藤秀正訳:それでも新資本主義についていくか―アメリカ型経営と個人の衝突 1999年、ダイヤモンド社」です。上の引用部分は同書78ページにあります。

 セネットは1943年、シカゴの裕福なロシア系亡命家族に生まれた社会思想家でニューヨーク州立大学の社会学教授。本書の原題は The Corrosion of Charactor: The Personal Consequences of Work in New Capitalism, 1998 (人間性の腐食―新資本主義における労働の個人的帰結)です。公共図書館で借り出せると思います。

本の紹介:佐々木譲「制服捜査」

 昨日で引き受けていた仕事の一つが終了しました。自分の能力の衰えのせいで、よけいに忙しさを感じるのでしょうが、この十年間では一番働いた年だったみたいな気がしています。
 今日は一日コタツの番をして、推理小説を楽しんでいました。昨日立ち寄った本屋で「このミステリーが…」をめくったらいたら、この作品が2位でした。一位はホラーものだったので敬遠して、こちらを購入。
 考えてみれば、このところ小説も読まなければ映画もみていません。ということで今日は御託宣は抜きにして、面白かったという報告だけにしときます。

 あと正月用に用意してある本は、
  須田慎一郎「下流喰い―消費者金融の実態」
  城繁幸「若者はなぜ3年で辞めるのか?―年功序列が奪う日本の未来」
  読売新聞戦争責任検証委員会「検証戦争責任供
 面白かったら、また報告します。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM